バスタイムでリフレッシュ

わたしがイライラするのは、仕事で理不尽なことを言われてしまったときです。
特にお客様から言われることが多く、こちらからは何も言い返せないのが辛いです。

 

イライラが募ると、それだけで精神的にも疲れてしまいます。言い返したいのを我慢するのも、体力がいるんです。

 

そんなイライラが極限まで募ってしまったときは、ゆっくりお風呂に浸かるようにしています。お風呂のお湯を少しぬるめにしておくと、長い時間入ることができます。お湯に浸かり体を温めることで、イライラで強ばった体をほぐす効果があると思います。

 

お湯には入浴剤を入れます。わたしが好きでよく入れているのは、ゆずの入浴剤です。入浴剤のアロマ効果で、体がリラックスします。
お風呂の中で決まってするのは、ストレッチと顔のパックです。顔のパックをお風呂ですると、パックシートが乾燥しないのでとっても良いです。また、ストレッチで体をほどよく動かすと、肩こりや腰の痛みが少なくなります。

 

お風呂に入っている間は、イライラの原因については何も考えないようにすることが大切です。ただお湯に浸かっているだけだといろいろと考えてしまいますが、軽く運動したりすると余計なことは考えなくてよくなります。

 

額にジワジワと汗をかくくらいが、お風呂から出る目安です。わたしはいつも30分以上入っています。汗をかいて体をスッキリさせると、不思議と頭も心もスッキリします。本当は温泉など広いお風呂ならもっと良いのかもしれませんが、温泉はお金もかかるし、頻繁に訪れることが難しいです。家のお風呂なら簡単だし、お金もかかりません。自分の好きな入浴剤を入れてみたり、お風呂グッズを揃えると、お風呂で長時間過ごすのも楽しみになります。

 

特にイライラが爆発しそうなときには、アロマキャンドルをお風呂場に持ち込んで揺れる明かりを楽しみます。暗い中で水の音を聞きながらキャンドルの明かりを見ていると、本当に癒されます。